ATIHワークショップ

 

 このワークは、フラワー・オブ・ライフの著者ドランヴァロ・メルキゼデク考案のワークショップです。

このワークショップには二つの大きな目的があります。

一つ目は「ハートの聖なる空間」に入るということです。

人間の心臓の中には聖なる空間が存在していて、人類全体の歴史の貯蔵庫である

アカシックレコードがあり、その記憶と接点を持ったり、

もう一つ進んで、小さな空間ということろでは、宇宙とつながったり、会いたい人に会ったりそのほかハイヤーセルフに会うこともできます。

二つ目は

ナチュラルマカバを活性化させるということです。

マカバとは人間のエネルギーフィールドで、今は種のように眠っていますが、あるきっかけで生き返り、皆さんの霊的生活を助けてくれます。

 

その2点を中心にドラヴァロ独自の理論を展開していきます。

内容としては、難しいものではありません。

難しいのはそれを論理で解釈しようとするからです。

ワークショップの間はたとえ言葉が通じないたの言語を人でも基本的に大丈夫です。ワークショップに中にどっぷりとつかればおのずと理解していくことができます。

 ドランヴァロのワークは、フラワーオブライブワークショップから始まり、

アース・スカイ・ハート・ワークショップ、リビング・イン・ザ・ハート・ワークショップになり、スクール・オブ・リメンバリングと変化していきました

 

スクール・オブ・リメンバリング=思い出す学校

 

私たちは、昔はあたりまえのように使っていた能力も今では忘れてしまっています。どうぞこの学校に来ることにより、思い出して下さいね

 

ATIHとは?

      Awakening the Illuminated Heart (輝くハートをめざめさせる)の略

 

2011年にドランヴァロ・メルキゼデクが新たに創設したスクール・オブ・リメンバリングにおいておこなわれるワークのこと。

 

ワークの内容については、多くの部分が口伝であり秘伝でもあるために明らかにすることは適切ではないが、ドランヴァロがこのワークについて自身のサイトで言及している部分を抜粋してみた。

 

  1. 私の仕事はこのスクールで完結する。
    もし、あなたがアセンションや高次の意識に興味を持ち、そこにフォーカスしているのであれば、このスクールは真の意味であなたのスピリチュアルな成長を加速させるだろう。
    *このスクールで学ぶことにより、真の意味で高次の意識に到達することができる。


  2. この教えは古代のものではあるが、現在の私たちが理解できるような表現や解釈にしてある。
    *マカバの教えは、本来古代からのものである。古代において、人間は3次元における能力の他にすばらしい高次の能力を持っていた。ドランヴァロは、私たちが理解しやすい言葉を用い、1万3000年の時を超えて古代の秘伝を私たちにひも解いてくれる。


  3. このワークを学ぶことにより、あなたはマカバがより大いなるものの一部に過ぎないことを理解するだろう。
    *マカバのフィールドができるかできないかということが問題なのではなく、この教えから「大いなる意識」を学ぶところに到達点がある。大いなる意識を学ぶことは、すべてを2極性(善と悪、美と醜、など)として捉える3次元の社会通念から意識を向上させて、「すべては一つである」という融合意識、ワンネスの意識に進化するということである。
     

ATIHのワークに参加することにより、言葉には尽くせないほどの大きな意識の向上を体験することになるだろう